とにかくインプットをするのも英語学習におけるポイント

英語学習においてインプットは非常に重要なことです。
このインプットというのは、英語を読んだり、聞いたりといった練習方法のことをさします。
英語を話すというのを目的にしているのであれば、インプットはできるだけ多く行うようにしましょう。

インプットというのは英語を読んだり聞いたりといった勉強方法のことです。
英語を話すというのを目的としているのであれば、聞くのインプットはできるだけ多く行うようにしてください。

特に、英語を話すというのを目的にしているのであれば、聞くのインプットをできるだけ多くしてください。
では、このインプットというものについて具体的にご紹介していきたいと思います。

空いた時間は海外ドラマなどを見たり、聞いたりというのでも問題ありません。
別に特別なことではありません。
簡単にいえば文字通り英語をインプットしていくだけなんです。

ここで重要になるのは、あまりにも真剣に聞きすぎてはいけないということです。
余力があれば本当の英語を文法や単語などに注意しつつ聞くことになりますが、インプットするためには無理をせずに英語を聞くということが重要になります。

日常生活に英語が流れるのが普通なくらいに、英語を聞きまくるというのが重要になります。
こうすると、留学している時と同じような効果が得られるようになります。

■アウトプットの重要性
インプットが十分にできたら、アウトプットも重要になります。
インプットが読む、聞くという練習なのであれば、アウトプットは書いたり話す練習になります。

そして、話せる英語を習得するのを目指すのであれば、当然話す練習はなによりも重要になりますので多めに行うというのが目標への最大の近道になります。
アウトプットの方法というのは、いくつもあるわけではありません。

とにかく英語を話しまくるということになります。
インプットと同じで、ネイティブが使う表現や発音を練習の時に実践練習するということです。

■英語で独り言を
日本にいるから英語を話す機会がないというのは、英語を話せるようになることに本気で取り組んでいない人がいうことです。
日本にいながらにして英語を話す機会というのは実は自分で作れるものです。

しかし、とにかくアウトプットをする練習というのはかなり辛い練習なのかもしれません。
ある程度自由に英語を話せるようになってきたと実感するようになるまでは時間がかかります。
自分が言いたいことをそのまま英語で言えるようになるのは時間がかかりますし、納得できるのは少ししかないでしょう。
そのくらいに、英語をスムーズに話せるようになるまで時間がかかってしまい、訓練が必要不可欠です。

コメント